栄養バランスの調整

自宅で栄養療法を実践する事

枕にうつぶせて眠る女性

うつ病に対して、栄養療法は有効であると認めされつつあります。しかし、栄養療法を治療に取り入れている医療機関は少ないというのが現状です。また、医療機関で栄養療法を受けるには、健康保険の適用外であるため、自費負担になります。最近は、インターネットや書籍で栄養療法を学べる機会も増えおり、自宅で栄養療法を実践できる環境が整いつつあります。インターネットや書籍で、うつ病に効果的と言われる食品、食材、サプリメントを食生活に取り入れることで、栄養療法の実践が可能性です。うつ病の治療は、医師の指導の元で行われるのが基本です。うつ病に良いと言われる食生活への改善は、医師の治療方針に沿った上で、並行して行える治療方法と言えます。

うつ病に良い食材を取り入れた食事

栄養療法の基本になるのは、3食きっちりバランスの良い食事わ摂る事が基本になります。また、決まった時間に食事を摂る事も重要です。この原則に従い、うつ病に良い食材を取り入れ、更にサプリメントで補完するという方法は、自宅でも実践できます。うつ病に良い食材として、豆腐、納豆が挙げられます。豆腐、納豆には、トリプトファンが多く含まれます。トリプトファンは、副交感神経を高める働きや入眠効果があります。また、白米を食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれる玄米に変える、EPA、DHAが多く含まれる青魚を食事に取り入れる事も有効になります。また、マルチビタミン、マルチミネラル、EPA、DHAを補完するサプリメントを取り入れる事もうつ病を改善する栄養療法となります。