人類を悩ませた問題

耳鳴りの歴史と対処法の変遷

寝具

人体の不調や疾患、ストレスなどが原因とされる耳鳴りは、有史以来多く人が悩まされてきた症状です。有名な歴史上の人物についても耳鳴りを抱えていた人は多くおり、かの大作曲家ベートーヴェンも20代の頃から病で倒れるまで常に悩まされていました。 近代医学の発展が進み、サプリメント摂取といった長期的な改善にも取り組める現在と違って、昔の耳鳴りの基本的な対処法は我慢する以外にありませんでした。もちろん世界各地でそれぞれ対処法そのものは存在し、例えば古代ローマ時代には、ザクロの皮をアーモンド油を使って煎じたものが薬として用いられていたりといったものがありました。しかし効果的な対処法に関しては耳鳴りのメカニズムや疾患との関連が明かされるようになってからです。 現代でも耳鳴りは原因不明なケースも多いですが、改善に関しては先述のサプリメントの摂取なども含めて、原因のストレスや疾患を治していく事が最良の対処法と判明しています。

症状の特徴とサプリメントについて

周囲の音と関係なく耳や頭の中で音が鳴り響くように感じるのが耳鳴りです。キーンといった高い音を感じたり、蝉が鳴いているようにジージーという音を感じたり、低いボーといった音などが感じられるのが特徴です。生命に直接影響を及ぼす症状ではありませんが、不快に感じる人が圧倒的に多く、耳鳴りが原因でストレスを溜めたり体調をさらに崩してしまうこともあります。 その発生原因に関しては不眠症や仕事、家事などで多くのストレスを蓄積させたり、更年期障害の症状としてホルモンバランスの変化であったりと様々で、原因が不明なことも少なくありません。 対処としては医師の助言の元に、原因の疾患やストレス元を無くすといった取り組みが主になります。最近は耳鳴りに良いとされる蜂の子やイチョウの葉などを配合したサプリメントもよく用いられます。耳鳴りの改善のために長期的な取り組みとして、サプリメントは他の対処方法と組み合わせてよく用いられています。